GLP-1受容体作動薬

インスリンの分泌を高めるホルモン(インクレチン)を注射によって補うことで、血糖値を下げます。

小腸からインクレチンというホルモンが出ます。

このインクレチンは、インスリンの出方を調節するなどして血糖値を下げる働きがあります。

GLP-1というインクレチンの作用を利用した薬剤がGLP-1受容体作動薬です。

膵臓に対する作用:インスリン(血糖値を下げるホルモン)をよく出るようにしたり、グルカゴン(血糖値を上げるホルモン)の分泌を正常に近づける働きがあります。

膵臓に対する作用のほか、消化管の動きを抑えたり、脳に働きかけて食欲を抑えることで体重を減らす働きがあります。

最初、吐き気や便秘が出ても、2週間程度で慣れてきます。

飲み薬も使用できるようになりました。

GLP-1受容体作動薬は飲み薬も使用できるようになりました。

リベルサス®という名前の薬です。

食事の30分前に内服するという工夫が必要です。

医療クラーク募集

1 COMMENT

erotik へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です